FC2ブログ

12の冬の卵

ライトノベル作家・本岡冬成のブログ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京通り抜けは二度とやりたくない

皆さんこんにちは。
今日は早めの更新と相成ります、本岡冬成です。

IMG_0454[1]

今日も早朝に旅立って約3時間。
江戸川を渡って東京入りしたんですが。

歩行者も自転車も多いし、信号は多いし、いつも以上に気疲れしながら進んだように思います。
それに大阪に住んでから長いせいなのか、どうも東京の街になじめないんですよね。
その巨大さと広大さに圧倒される自分がいるのがわかります。

それでも進んでお昼過ぎ。
ようやく東京都を通り過ぎて神奈川県川崎市にたどりつきました。

今は友人との約束の時間になるまで公園でブログを書いているといった塩梅です。
夜に更新しても良いかと思ったのですが、その時間がないかもしれないので今日は短めに。

連載小説の更新は明日になります。


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。
スポンサーサイト

東京手前、道半ば

皆さんこんにちは。
水戸市の大学生らしい女の子が下駄をカラコロと鳴らして歩いていたのが可愛らしかったな、と思い返している本岡冬成です。

IMG_0442[1]
昨日の夕暮れから降りはじめた雨も朝になればあがっていたので、白鳥や黒鳥、その他渡り鳥などがたくさん泳いでいた千波湖を離れてさらに南下。
思いのほか坂道に悩まされながらも、

IMG_0445[1]
牛に見られつつ、

IMG_0446[1]
大きなカップラーメンから湯気が出るのを眺めつつ、

午後三時前には千葉県の道の駅『しょうなん』というところにたどりつきました。

そんな今日の流浪のグルメ。

IMG_0451[1]
麻婆豆腐ランチ、780円。
お好みで山椒を振りかけて、さらにスパイシーに。
僕は山椒好きなので、たっぷりかけて食べました。
もう少し量があったら嬉しかったかな。

こちらの道の駅では梨ソフトクリームとブルーベリーソフトクリームが売られているので、梨のほうも食べてみました。
梨ソフトにはドライフルーツにされた梨も一切れ付いてきて、不思議な食感。

すぐ隣にある温泉に入って旅の垢を落としていると時間はいつの間にか過ぎていて。

IMG_0453[1]
黄昏が空を支配しはじめました。

今日の旅はここでおしまい。
東京まで残すところあと40km弱。目的地の川崎までは60km弱くらいでしょうか。

川崎では拙著『あそびの時間』でもお世話になって友人のところにしばらく滞在する予定なので、旅日記もお休み気味になるでしょう(ブログ自体は書きますが)。

それでは今日はこの辺で。
連載小説は明日、あるいは明後日に更新したいと思います。


このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

誰が雨男なのか

IMG_0433[1]
那珂を通り過ぎたので那珂ちゃんのファン辞めました、本岡冬成です。

さて、いわき市小名浜を早朝に出発。
上記の写真は結構経ってから見つけたものをうつしたので、開始時は実質190kmくらいからでしょうか。

IMG_0435[1]
途中、悪そうな奴らにからまれながら……

IMG_0436[1]
午後4時にたどりつきましたは茨城県水戸市。
本当はもっと早くたどりつくはずだったんですが、途中の日立市が思わず心ない言葉を連続で発してしまいそうな坂の町だったのでそこでずいぶん時間を食ってしまいました。
だって、長い坂を登ったら短い下り坂があって、その下り坂ですら市街地で道がごちゃごちゃしてたり人がいたり信号があったりでスピードは出せないという三重苦の世界。
日立市に住んでいる人には悪いけれど、この先、もう絶対に日立市には行きたくない。
その代わりに水戸は自転車マンに優しいとても素晴らしい都市です。

そういえば、あまり都市部を走ってこなかったからわからなかったんですが

バスを待ってる人や乗ろうとしている人、バスから降りている人は周りをちゃんと見てください。

こっちがいくらベルを鳴らしたり注意を喚起しても、何故かまるで気づかずに行動します。
特にバスが来るのを待ってる人、道の真ん中らへんをウロウロして足下しか見てません。
超危険です。

IMG_0437[1]
さて、昨日予告した流浪のグルメ。
ねばり丼、1050円。
何から何まで納豆づくしのこのメニュー。
丼にはもちろん納豆、おくら、こんぶ、なめこ、イクラとぬめぬめするものがたっぷり。
サラダのドレッシングにも納豆が入っていて、さらには味噌汁の具まで納豆。
お漬け物には納豆は入ってませんでしたが、普通の野菜の漬け物のはずなのに何故かぬめぬめしてた。
味のほうはあっさりヘルシーで、でも品目が多いから食べがいはあります。
最近、ソースカツ丼みたいな味の濃いものが多かったのでちょうど良い具合かも知れません。


さて、今日は水戸で行程を終了。
水戸に入った時点で東京までの距離は108kmだそうなので、明日はつくばあたりでストップ、そして明後日には目的地の川崎入りできるでしょうか。

……まあ、今日も水戸に入る前から雨がパラついてて、今は完全に雨降りまくってるのでもしかしたらここで一日あしどめされてしまうのかもしれませんが。

では、今日はこの辺で。

このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

流れ流れて太平洋

IMG_0424[1]
海!
そして

IMG_0425[1]
酒!

福島県の太平洋側に到着した記念として、海岸沿いの端っこで波の音を肴に一杯やりました。

その福島県。
太平洋側は最も津波で被害が大きかったところでもありますが、2年経った今、少なくとも僕があちこちうろついた限りではかなり平穏が取り戻されているようです。
とはいえ工事が頻繁に行われていたり、地震被害のために店舗が移転していたりと、あちこちに爪痕が見え隠れもしています。
それでも土地の人と話をしたりしていると、皆さん結構元気です。
なんだかんだあってもここは日本で、そして日本の街なんだな。
とまぁ、そんな感じです。

IMG_0427[1]
ハンサムな犬に見送られて、いわき市の市街を離れます。


というわけで僕は今、福島県いわき市小名浜にある『ららミュウ』という大きな魚市場+お土産センターのようなものが合体した建物のすぐそばでブログを書いています。
貝にウニを詰め込んだ浜焼きとかめっちゃ美味そうですが、着いた時間が遅すぎて食べることはできませんでした。
そのかわり、市場で晩のおかずをお買い物。

IMG_0432[1]
左から
『わさびノリ』(小・600円)
『揚げかまぼこ(ジャガバター入り)』(140円)
『かりんとう饅頭』(120円)
わさびノリは常温での保存が12月5日まできくので、この先の冷やご飯の頼もしいお供になってくれそうです。
ツーンと鼻に来るわさびと青のりの佃煮の合わせ技。
本当はこれを売っていたお店で糀とゆずで和えられたイカの塩辛を買っていきたかったんですが、腐っちゃうので泣く泣く断念。

揚げかまぼこは、この中に本当にジャガイモ一個が丸々入っています。
温めてくれたので、熱々のを食べることができました。
これが本当に美味しい。スナック感覚でさくさくいけます。
他にも揚げかまぼこはたくさんあったのでもう一種類くらい買っておくべきだった。

そしてかりんとう饅頭。
皮がかりんとうみたいにパリッとしていて、食べてて楽しい食感です。
これもひとつと言わず二つ三つ買っておけば良かった。

IMG_0415[1]
こちらは、昨日道の駅ひらたで食べた『焼き豚そば』850円。
そばと焼き豚一緒に食べる発想は無かった。
スープには一味や長ネギの大きいのが入っていたり、焼き豚も分厚いのがたくさん入っているので、献血の直後ということもあって満足の味でした。


というわけで、今日の旅はこの小名浜まで。
懸念だったいわきまでの山道もほとんどが快適な下り(途中、まあ……ゴニョゴニョ)だったので、さくさくと進むことができました。
第一の目的地を踏破しましたので、明日からは第二の目的地である川崎を目指して南下が続きます。
目指せ、水戸の『ねばり丼』!


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

初体験をした日

みなさんこんにちは。台風が去ったくせに通り雨で濡れる男、本岡冬成です。

昨日の宣言通り、愛着が湧き始めた猪苗代を離れ、国道49号線を通っていわき市へと近づいています。
そんな僕の旅も今日で14日目。日付が変わればちょうど2週間がたったことになります。

そんなときにふと湧き上がった疑問。

どうして僕はママチャリに乗ってこんな旅をしているのか?

現在、旅の目的地は福島第二原発付近に設定されていますが、この旅を始めた時は『ただ北へ行きたい』というものでした。
別段、福島じゃなくたって良かったわけです。
ただ、自転車をこぎ続けているうちに『北』というのがどこか少しずつはっきりしてきて、それがただ単に福島県だったというだけです。
北へ行くなら北海道まで行け、という意見があるかもしれませんが、そんなのはっきり言って僕の知ったこっちゃなかったりします。
僕にとっての北の最果ては、おそらく明日到達するいわき市です。そこからは南に折り返し、太平洋の海岸沿いを通って神奈川県川崎市にたどりつくことが新たに設定された目的となります。

しかし、であればいったいどうして旅に出たのか、と言うことを疑問に思う人がいるかも知れません(いないかもしれない)。
それはそれとして自分なりに導き出した答えをまとめてみると

自転車をこいでどこか遠くへ行かなければならないと思ったから。

本当にただそれだけです。
走ることで再生されるべき『何か』があると信じていました。
以前にどう言ったかはともかく、現状では別に被災地がどうとかそういうのはまったくない。
行きたいところに行き、行ったら帰る。肉体を酷使して。
そういうことです。
というわけで明日も走ります。


さて、そんな自分勝手な僕ですが。
とある道の駅にたどりついた時、献血カーが来ていました。

なので生まれて初めての献血してみました

IMG_0413[1]
血をドクドク抜き取られているところ。

IMG_0416[1]
記念品、もらいました。
キティちゃんとけんけつちゃんのコラボ手帳と、もうひとつは平田村からの記念品の入浴剤。

まさか、福島で初めての献血をするなんて夢にも思いませんでしたね。
何で献血したのかって言うと、それはもちろん献血したことなくてその行為に興味があったからです。
針を刺されるとき以外は特に痛みもなく、あっさり終わりました。
頑丈なので、血を400cc抜かれたあとも特にどうと言うこともなく。
またそのうち献血カーを見かけたらやってみようかしら。


というわけで、今日のベストショットの時間です。

IMG_0410[1]
アーッ、これは……
へリントン級の看板ですねぇ……

それでは今日はこの辺で。


このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

地震は夢ではなかったらしい

みなさんこんにちは。
地震は夢だったのかもしれない、そう思って二度寝した本岡冬成です。


どうも昨晩、午前二時過ぎごろでしょうか。
宮城のほうで震度4の地震があったようで野営地も揺れたんですが、大ざっぱな僕は夢と現の狭間で「うるせぇなぁ」と寝袋の中で縮こまってるあいだにおさまったようです。


さて、今日も雨だったので足止めを食らっていますが、どうやら明日には出発できる天気になりそうです。
猪苗代の街は小さいながらも良いところで馴染んできたところ名残惜しいんですが、明日はルートに問題が無ければ猪苗代湖を半周した後に郡山方面へと抜ける形になりそうです。

IMG_0394[1]
今日は昼当たりから雨も上がって晴れ間ものぞいてきたので、荷物を置いてあちこちいってみました。
そんなとき出会った、いかにも食堂という風情のまるいち食堂さん。

IMG_0393[1]
ソースカツ丼850円。お味噌汁ではなく、ネギたっぷりの中華風スープが嬉しい。
前回食べたのはソース『鳥』カツ丼だったので、今日はソースカツ丼です。
最近、普通のカツ丼ではなくてソースカツ丼じゃないと物足りなくなってきている予感です。
ソースってやっぱり男の子の味だよなぁ。

IMG_0395[1]
近所の猫。

IMG_0396[1]
観察してたらぼちぼち集まってきて……

IMG_0400[1]
白猫と他の猫との距離感が気になるところ。

さて、というわけで今日はこの辺で。

明日、特に問題が無ければ連載小説のほうも更新したいと思います。


それではこのブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

今日は休暇

みなさんこんにちは、今日は大雨だろうと思っていたら全然降らずに戸惑っている本岡冬成です。


この週末、台風で大荒れになるから動けないなと覚悟していたのですが、今のところ福島県猪苗代地域では昨晩に少し雨が降ったくらいで、あとは取るに足らない雨量となっています。
台風情報によると列島縦断と言うよりは併走という形になっているそうで、予想よりはずっと穏やかなな週末になりそうですね。
とは言っても雨が降ることには変わりなさそうなので、完全に晴れだ! と言えるまでは猪苗代を動かずにじっと足止めされていようと考えています。

というわけで、今日は朝からずっと猪苗代の図書館で本を読んでいました。
今日で大阪を旅立ってから12日目、ずっと体を使い続けていたのでたまには休暇もよかろうってなもんですね。
しかしまさか、大阪を遠く離れた福島の図書館で12国記の新刊を読むことになろうとは夢にも思っていませんでした。
おそらく最低でも明日までは猪苗代に足止めされると思いますので、それまではたっぷりと本を読む日にしていきます。


余談ですが、コインランドリーに行くために荷物何も積まずに自転車に乗ったら、自転車軽すぎワロタ状態でした。
重りをはずして本気になった悟空状態ですね。
食料の消費などでどんどん荷物は軽くなっていくはずなので、多少は楽になっていくでしょう。

それでは今日はこのへんで。

このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

台風来たりて

みなさんこんにちは、今日も元気に半袖で福島県を横断中の本岡冬成です。

なんといっても台風です。
今日は、昨晩に出会ったH君と一緒に早朝から出発し、十数キロ先に七折峠トンネルというところで別れました。

IMG_0378[1]
昨晩の乾杯の様子。
通りすがりのおばあちゃん達にいただいた(本当に感謝!)柿の種やイカソーメンなどのお菓子をおつまみに、ちょっと一杯。

北海道を約二ヶ月という期間回っていた彼は今度はいわき市の教会でしばらくボランティアをするそうです。
これからの旅の無事を祈ります。

さて、その後。
IMG_0384[1]

今日の流浪のグルメ。
道の駅『ばんだい』で食べたソース鳥カツ丼。結構なボリュームにもかかわらずなんと500円。
たいへんおいしゅうございました。

この『ばんだい』

IMG_0382[1]
だそうで、

IMG_0380[1]
大きなガンダムや、その脇にちゃんと塗装されたガンプラが飾られていたりします。
売り場ではガンプラが売っているという変わり種の道の駅だったりもします。
掃除のおばちゃんは優しいしね。

というわけで、今日のホテルの看板コーナー。
今日はひとつだけですがすごいのがありましたよ。

IMG_0379[1]
これは大物です。ドラフト一位、競合確定の選手ですね。
『おもいで』だけなら「まあそうだよね」ですむんですが、それに付随してなんとベルサイユ
ラ・マンというかトワ・エ・モアというか、何というかね……
何でベルサイユなんだよって感じですけど、ロンドンとかニューヨークとかマドリードじゃしまらないですからね。
やっぱりおしゃれに『おもいで・ベルサイユ』ですね。
これには脱帽です。


さて、今日はこのあたりで。

このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

書を捨て山を降り人と出会え

IMG_0364[1]

みなさんこんばんは、本岡冬成です。

今日はついに新潟県から福島県の西端へとついに到達しました。
っていうか、台風が二つ出現して日本直撃って、この前の台風といい白面の者が復活したんですかね?

まあそれはさておき、現在は道の駅『にしあいづ』というところで更新作業中です。

今日はついに! というべき事柄に出会いました。
そう。

職務質問

です。

どういうわけか私、あまり職務質問に縁が無い人間です。
夜の大阪の街を自転車でふらふらしていても、今まで職務質問されたことは一回だけ。
この旅を始めた当初からいつ職務質問が来るんだと心待ちにしていたのですが、それがようやく来ました。
しかも山の途中で。
現れたのは黒縁眼鏡をかけた若い女性警官(若い女性と話したのってすごい久しぶりな気がするわ)と、50~60歳と思われる渋めの男性警官。
こういうとき、職業訊ねられても「小説家です」って言っておけば何となく納得されるのがいいですね。
男性警官のかたは、昔に3万人に1人という大病を患って死の淵まで行った方だそうです。幸い、今は回復されてバスケットボールのA級審判もされているとか。
まさか新潟から福島に行く山の途中でこんな話を聞くとか考えてもいませんでした。
人生どこで誰と出会ってなんの話をするのかわからないものですね。

ちなみに名古屋から来た男が新潟で包丁を使った殺人事件を起こして逃走中だというありがたい情報をいただきました。
出くわしたら荷物重くて逃げられないから戦うしかないね。仕方ないね。


さてその後、何時間かかけて山をくだったあとは

IMG_0367[1]
ロータスインという宿泊温泉施設で旅の垢を落とすことに。
ちょっとしょっぱめの源泉が特徴の、良いお湯でした。
ここでお土産をぼうっと眺めていると、突然「自転車で旅してるの?」とおじさんに話しかけられました。
コワモテ系のこの人、福島県いわき市からバイクのイベントの打ち合わせでこのロータスインに来られたそうです。
目標である福島原発までの詳しい道のりを聞けたのは良かったんですが、ここで問題発生。

第一原発には近寄れないし、国道六号線は封鎖されている。

まあそりゃそうですよね。
ただ、第二原発はある程度近寄れ、景観を見られるそうなので予定を変更してそちらに向かうことにします。

IMG_0373[1]
今日の流浪のグルメ。
これは、前述のコワモテのおじさんに教えていただいたラーメン屋『えちご屋』の味噌チャーシュー麺。
大きな丼になみなみと注がれた甘めのミソスープ。
タマネギ、ニラ、もやし、ニンジンと野菜もたっぷり。チャーシューの塩気が具合よい一品でした。
これで850円。
こちらのラーメンはお土産として4食入り1050円で道の駅などでも販売しているようです。

という感じでブログを更新していたら、今日、北海道から新潟にフェリーで渡ってきたという同業? の方と出会いました。
しかも同じ大阪にお住まいで、行き先も同じ福島。
これは缶ビールで乾杯ですかね。

明日は、もう少し内陸にいったところの道の駅を目指します。
雨が降り出すという昼までにたどり着ければ良いんですが。

なお、小説の更新は明日の予定。


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

人間関係がドラマを作る

みなさんこんばんは。
今日も元気に夜空の下で更新の本岡冬成です。
大阪を出発してから今日で9日目。
そろそろブログの更新にも慣れてきました。

現在、私は阿賀の里という道の駅にいます。
今日は出発が10時と遅かったのと途中で雨宿りをしてタイムロスがあったために、本来たどりつくつもりだった6キロメートル先の三川という道の駅の一つ手前で落ち着くことにしました。
とは言えここ、19時を過ぎた段階で完全に消灯状態です。
トイレと自動販売機だけが明るいのがとても頼もしい。

台風が近づいてきている今、予報も雨が多くいつ降ってもおかしくないので、どこでも雨がしのげそうなのは本当にありがたいことです。
もっとも、風はトイレにこもって防ぐしかないようですが。

さて、今日あったこと。
ぶっちゃけ何もなかったです。
いや本当に。

あ、ひとつだけありました。
自転車の前輪がパンクしたためにえらい目にあったくらいですね。
人との関わりはほぼゼロです。

それで、というわけではありませんが、人と出会わないとドラマなんて生まれませんね。
小説でもそうですが、人と人との関係が組み合わさってようやく物語になるんですから。
ひとりの人が持っている物語なんて、実はそんなにたいしたことないのかも知れません。

写真がないのも寂しいので、以前に撮ったものをひとつ。

IMG_0331[1]
流浪のグルメ第三弾。
道の駅『市振』で食べたモツ煮込み定食。
名物のタラ汁とどちらを食べようか迷ったんですが、ランキング1位のこちらを選択。
食べても食べても下から柔らかく煮込まれたモツが出てくるので食べ応えは十分。
唐辛子も入っているので体が温まりました。
近くに寄ることがあったらぜひご賞味あれ。

IMG_0360[1]
今日の出発点である長岡市内で撮った山本五十六の像。
友人の誰かさんが喜びそうだったので、パチリ。

さて、今日はこのあと冷たいレトルトご飯に魚の缶詰、ザワークラウトという物寂しい晩餐を開始します。
明日は何か美味しい物食べたいなぁ。


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

細心の注意

対向車のハイビームの目くらましに殺意を感じる本岡冬成です。

荷物の重みで自転車が倒れたとき、ノートPCの端っこがひしゃげて割れました
でも中身は大丈夫。さすがASUS製。頑丈だ。
しかし、さすがに何度もこんなことがあっては本当にお釈迦になってしまうので細心の注意を払ってから旅をしたいと思います。

さて、早朝4時に道の駅を出発してからおよそ17時間弱。
私は今、海沿いを離れて新潟県の内側に入り込みつつあります。
本日の走破距離は約140km(予定)。
予定というのは、まだ今日の休息地にはたどりついておらず、セーブオンという僕の知らないコンビニの裏でこのブログを更新しているからです。
こんなことをしていると本格的に流浪のブロガーみたいですね。

さて、今日も色々ありましたが、何と言っても山道をひたすら越え続けなければならなかったのがとにかく厳しかった。そのあとの下り坂には格別の楽しみがあるんですけどね。

IMG_0341[1]
弁天岩というところからいくつか。道の途中にぽっつりと突き出た小さな島? です。

IMG_0343[1]
弁天岩へと通じる橋。
こういう橋は風情があって好きです。

IMG_0348[1]
頂上付近からの様子。
こんな場所にもゴミが捨てられていて、ちょっと悲しくなる。
皆さん、ゴミはちゃんと持ち帰りましょう。

では、誰にも求められてなさそうな今日のホテルの看板コーナー。

IMG_0354[1]
ライラ。うーん、ライラね。
僕としては、女性の名前的なものをホテルの名前にするべきでは無いと思うんですよね。
だって、行為の最中にふっと看板が頭をよぎって、「ライラ!」なんて叫んだりしたら相手が機嫌損ねるでしょ。

IMG_0355[1]
お次は『アン』。まあ、これもね……。

IMG_0358.jpg
そのあとに来たのがこれ。『エンペラ~』
なんかもうここまで来るとたいしたもんだなというか。どうして末尾の伸ばしが『~』なのかとか、そんなのどうでもよくなる。
ただただ平伏して入店するだけである。

だけど山の中で、こういうひとがいるんだなとありありとわかる建物があるとホッとします。
これからは山を行くことが多くなるし、状況次第では取材かねて入ってみようかな。
だって、こういうホテルの客層って気になりません?


それでは今日はこの辺で。
このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

またひとつ賢くなった

雨が降っている日は雨が上がりきるまで絶対に動くな、と言うことを学んだ本岡冬成です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
富山は昨晩からずっと雨で、午前七時になってもやはり雨だったのでしびれを切らして進んでしまいました。
その結果、さらに雨が強くなって体力と気力を奪われた上に靴の中までびちょびちょにされたので、午後三時過ぎに途中で発見した道の駅に避難。

強風も辛いけれど、やはり雨が一番辛い。荷物はゴミ袋でガードするしかないけど、これは完璧でないから常に濡れる可能性がつきまとう。
ダイソーで買ったレインコートは結構頼れるけど、サウナスーツばりに暑い。

結論。
雨の日は移動するな。

そんなわけで、今日はほとんど距離を稼げず、また写真も撮れずと言った状況です。
今日はこのまま道の駅で雨が上がるのを待つしかないようです。

写真がないというのも味気ないので、いくつかご紹介。

IMG_0323[1]
何だか妙に神々しい光景だったのでカメラに納めました。残念なのは夜だったので僕のデジカメではまともにとれなかったこと。
しかし、MTGでいうところの神の怒りばりの綺麗な光景でした。

IMG_0330[1]
真ん中付近に見える岩?
ハリモグラに見えませんか?


さて、今日はこんなところです。
明日こそは晴れとは言わないまでも雨が降らずにいてくれることを願って。

それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

海がきこえる

みなさん、こんにちは。

IMG_0317[1]


私は今、寄せては返す日本海の波の音を聞きながらこの文章を書いています。


さて、今日もキタヘヒガシヘと進んでたどりついた先は富山県富山市。
歩道もあんまりデコボコしていなくて、いいところです。
石川県高岡市はちょっとくらい見習った方が良いと思います。

そんなわけで、今日も旅の途中で見つけたホテルの看板を紹介していきます。

IMG_0306[1]
これはわかりやすいですね。嫌よ嫌よも……というやつです。

IMG_0307[1]
続いてはこちら。これはなかなか複雑というか、深いですね。
Youであって、Iではない。遊びだから愛はない。
それに、YとOとUの組み合わせですよ。YをOにUするわけです。これは深い。この命名をした御仁に89点をあげたい。

では、次回もホテルの面白い看板を独断と偏見で撮影していきたいと思います。

閑話休題。
さて、今日はフェリーに乗りました!

IMG_0310[1]
越の潟と言うところから出ている県営フェリーはなんと無料!
船旅はとても楽しかったけれど、わずか数分で終わってしまったのでむずがゆくもあり……
だけどフェリーって本当に楽しいです。なくなってほしくない文化ですね。

IMG_0308[1]
今日の流浪のグルメ。
カモンパーク新湊という道の駅で食べられる、白エビかきあげ天丼。
お値段なんと730円。こんなに安いのにエビはくっきりと身がついていて、タマネギはほんのり甘く、ボリュームはたっぷり!
もし近くにお出かけの潟は是非ご賞味あれ。


ここまで来ると、遠くに見える山の頭に白い物が見えるようになりました。
明日はここからさらに北東へと進み、新潟を目指していきたいと思います。

それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

誰がスピードを殺したか

皆さんこんばんは。
今日は金沢市のとある川のほとりのテントの中からお届けしている本岡冬成です。

今日は珍しく特筆すべき物が何もない日でした。
あったと言えば、突然ある男性から自転車に長く乗るなら女性用生理用品の分厚いやつを股の付け根に装備すると良い、と教えてもらったくらいでした。
まだ実践できていません。実践する前にダイソーで枕にもなるクッションを2つ買ってしまったからです。
もしこれからロングライドするというかたが読者におられましたら、是非試してみてください。

今回は仕方ないので風の話をします。
風です。クソッタレな風のことです。
何がクソッタレって、よく強い向かい風に吹かれるんです。
するとどうなるかというと、スピード5割減、足に込めなければ行けない力2倍増で無風状態の4倍の苦労を強いられます。
おかげで、今日は早朝6時前に出発したにもかかわらず、思ったほどには進めませんでした。
特に都市部で向かい風を食らうことが多いように思うんですが、車の行き来も関係しているんでしょうか?
風に詳しいかた、我こそは風神也という方がおられましたらアドバイス求めたいです。

さて、今日は何枚か写真を撮りました。
IMG_0294[1]
コシヒカリの父と呼ばれた博士の像です。
逆光がかっこよくて、自分でも上手く撮れたもんだなとちょっと思いました。

IMG_0298[1]
続いてそこらの猫。ただの猫です。
ガンつけられたので写真撮ってやりました。

IMG_0305[1]
ホテルの看板。
何が「もしもし」なんでしょうね。いずれ生まれ来る赤ちゃんとコンタクトを取ろうとしているんでしょうか。
それとも、読み方は「しもしも」なんでしょうか。それならちょっとわかる。
いずれにせよ意味深な名前です。


今日撮っためぼしい写真はこんなところ。
こうして写真を撮りつつ旅をしているとわかったことがあるんですが、僕は神社仏閣、遺跡群や名所には全然興味がわかないこと。
そして、山と川もそんなに好きじゃないこと
だけど、海が大好きなこと(これはずっと眺めていられる)。
実家は海と山の両方がそろった町なんですが、何故か海だけが好きになってしまったようです。

明日からは東に東にと進み、できれば海岸線沿いをずっと走っていきたいと思います。


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福のあらんことを。

第三のトラブルと

昨日更新できなかったのは、山だとauの電波が入ってこなかったからです。

いやまったく失念していました。
今後もたまにこういうことがあるはずです。
もし一日更新がなかったら山の中にいるんだと思ってください。
もし一週間更新がなかったら、ブログで書いた最後の出来事をもとに警察に連絡してください。

さて。台風がひとまず通り過ぎて。
IMG_0266[1]
しばらくの間、大きな虹がアーチを描いていました。
もっとも、このあとまたしても雨に降られて「クソッタレ」を100回は言うことになるんですが。
というか、人間本当に参ってるときってちょっと優しい言葉をかけられるとコロリといく。
まったく結婚願望のない僕ですが、ダイソーで入り用のものを買おうとして自転車が風で派手にこけた時に「手伝います」と駆け寄ってきてくれた介護士のお姉さんに『結婚しましょう』って言いたくなったほど。
皆さんも意中の相手を落としたい時は、その人がめちゃくちゃ参ってるときを狙ってください。


さて、今日は『大見いこいの広場』と言うところを飛びだして、一路福井を目指すことに。
途中、峠を越えるのはやめた方がいいと言われて敦賀方面へ抜け、海沿いを走りました。
IMG_0279[1]
奥に見えるのは客船かな?

IMG_0282[1]
こんな立派なものもありました。戦中、どんなことをした人なのだろう。
また、この近くには延命大乗水(良い名前だ)という地下水を汲めるところもあって、水の補給にたいそう役立ってくれました。

この後、国道8号線を北上してトンネル工事が多発している場所に。
しかも山道が多く、非常にうんざりしている時に救いの手が。
なんと、「危ないから」と5キロほどの道のりを車で連れて行ってくれる人と出会いました。
本当に感謝。このショートカットが無ければ、今日この場所にはいないでしょうから。

そのあとはしきぶ温泉湯楽里で日帰り入浴。
旅に出てほぼ四日ぶりの温泉の気持ちよさといったら。
ここで体力と気力を回復して、本来は一歩手前の武生というところで一夜を明かそうと思っていたところを一気に福井市まで到達。
これにて今日の旅はおしまい。
明日からは金沢を目指して旅に出ます。

IMG_0285[1]
これは今日の昼に山の上の魚介類売り場みたいなところで食べた越前おろしそば。
鰹節と大根おろし入りの、歯ごたえの良いおそばでした。


それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福のあらんことを。

本岡冬成、第二のトラブル

やっぱり悪天候には勝てなかったよ……


というわけで、雨風のためにほとんど涼めず、今日は彦根の当たりまで進んだところでキャンプインすることにしました。
IMG_0264[1]

ここが今日の宿、湖岸緑地のあずまや。

何だかんだで初テントです。
台風が接近しているというのに、このテントで浸水したりしないか今から心配です。


さて、閑話休題。
そういえば、僕がいったいどこに向かっているのか、一度も話したことがありませんでした。

福島県福島市です。

なぜ、福島県なのか。
それは、僕がたったの一度も、あの東北大震災の爪痕をこの目で見たことがないからです。
だから、旅をすることのできる時間と金(金、ほとんど無いから貧乏旅行ですが)があるうちに、行こうと思った。

というわけで、僕は福島を目指します。

さしあたって明日は、滋賀県長浜市のウッディパル余呉と言うところを目指したいと思います。

IMG_0259[1]
この道をゆけば、どうなるものか。

このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

いきなりトラブル。そして琵琶湖到着

ようやく琵琶湖に到着しました。

たった一日、旅が終わったばかりだというのにいろんなことがありました。

きつすぎる京都の坂道を登った先で休んでいたらお婆さんからジュースをいただいたり、警察署に道を訊ねにいったらついでに水を補給させてくれたり。

っていうかね、早速ありましたよ。
おそらく皆さんお待ちかねのトラブル。
大阪市を出て、淀川を越えた先にある高槻市で自転車の後輪がパンクして大破炎上

いやまぁ、炎上まではしてないですけど、大破はしました
おかげでタイヤそのものを交換することになりいきなり痛い出費。
とは言えかなり摩耗したタイヤでもありましたし、頑丈でパンクに強いタイヤになったのでこれから先の旅のことを考えると怪我の功名と言うべきでしょうか。

そんなこんなで人の温かさをかみしめながら到着しましたのは琵琶湖湖岸。
IMG_0256.jpg

今日は穏やかな波の音を聞きながら眠りにつきます。

それでは、このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。

出発

ついに、出発。
詰め込みすぎたのか、荷物は考えていたよりもずっと重くかさばっている。
今、たった一人住み慣れた土地を離れ、見知らぬ土地へ行くことにまだ大きな不安がある。
思い描いているほどすべてが上手くはすすまないだろう。

けれどきっと、始まってしまえばあっという間。

体と心を痛めつけ、ぐったりと疲労をこびりつかせてでも僕はまた自分の住む町に戻ってきます。


それでは、このブログを見てくれているあなたに誰かの祝福があらんことを。

旅の準備編――火という最古の文明を持たざる男


IMG_0238[1]

さて、あまりにもノープランノーフューチャーに決めてしまったこの自転車旅行。

上の画像は保存食的に買いそろえてきた面々の一部になります。
スニッカーズ、瓶詰めのザワークラウト、スパム、レモン、パックご飯等々。
これに、あとはペットボトルなどに入れた水を用意することでひとまず準備は完了。
日本国内なのでそうそう水や食べ物に困るということはないだろうけれど、問題なのはいざというときに火がないこと。
バーナーもカセットコンロもないので、町でご飯を食べる時以外は冷たいものを食べるしかないのです。
毎日コーヒーを飲んでいる私としては、温かいコーヒーも飲めないというのはいささか辛いところだろうか。

……と、唸ったところで、キャンプ場ならたき火できるんじゃね? と言うことに思い至る。
いちおう、小さな鍋くらいは持って行こうか。

飛行機に乗ったこともない小説家が自転車で旅をする件について

 突然ですが、こいつと一緒に旅に出ることにしました。

IMG_0235[1]

 どのくらいの期間の旅になるのか、どんな旅になるのか自分でもまったく想像がつきません。
 でも何はなくともとりあえず行くことにした。そしてその記録をブログに残すことにした。
 当ブログの趣旨は、それだけです。


 また、主人公『僕』と『自転車の妖精』リコの騒がしくも自由な旅を描く小説『毛がない羊が夢からさめない』を別ブログ12の冬のゆで卵にて少量ずつですが連載していきます。
 更新告知はTwitter上で行いますので、よろしければフォローお願いいたします。


 本格的な更新開始と出発は明日、10月14日月曜日から。
 今日の主な予定は食料の買い出しと、野球のクライマックスシリーズで広島東洋カープを応援することです。
 あ、あと夜くらいに連載小説第一回を掲載予定となります。


 それでは、この記事を読んでくれたあなたに誰かの祝福があらんことを。

 | ホーム | 

プロフィール

本岡冬成

Author:本岡冬成
ライトノベルを書いたり、ゲームシナリオのお手伝いをしています。


小学館ガガガ文庫より

『黄昏世界の絶対逃走』1~2巻
『あそびの時間』1巻

を発売中。

お仕事のご連絡・ご相談等がありましたら下記メールアドレスにご連絡お願いします。

nejimakiotoko☆gmail.com
(お手数ですが、☆を@に換えていただきますようお願いします)

ツイッター

本岡冬成Twitter

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。