FC2ブログ

12の冬の卵

ライトノベル作家・本岡冬成のブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆コース

IMG_0529[1]

皆さんこんにちは。
自分で書いている連載小説の主人公に「ちっ、女2人連れてチャラチャラしやがって」と思いはじめてきた本岡冬成です。

先日募集しました伊豆/箱根コースの選択ですが同票だったため、その場のノリで伊豆コースに突入が決定されました。
現在は東伊豆を進んで、熱川のあたりでストップ中です。
それにしても東伊豆というのは変な博物館が多いですね。

IMG_0540[1]
IMG_0542[1]
なぜか国道135号線の山道の途中にあったバリ島の雑貨&レストラン。
先日、旅の途中でお気に入りの帽子をなくしたのでここでふっと見て気に入ったネパール帽子を買いました。

IMG_0546[1]
IMG_0547[1]
何があるのか興味をひかれるまぼろし博覧会。
立ち寄ってみようか――と思いましたが、実はもう行くところを決めていました。

IMG_0548[1]
IMG_0549[1]
それはこの『怪しい少年少女博物館』
どうやら上記のまぼろし博覧会とは姉妹店のようです。

IMG_0550[1]
IMG_0553[1]
IMG_0554[1]
こんなふうに各年代の服装や風俗を模した人形がたくさんおいてあったり。

IMG_0562[1]
IMG_0568[1]
IMG_0570[1]
古いおもちゃやエログロなフィギュアが飾られていたり。

IMG_0566[1]
あっ、セガサターン!
そうか、なるほどなー(PS1や他のゲーム機はスーファミくらいしか見つけられませんでした)。

IMG_0577[1]
おみくじを結ぶ木ならぬ、呪いのわら人形を結ぶ場所があったり。

IMG_0581[1]
企業戦士の哀れな断末魔。

IMG_0584[1]
お化け屋敷も完備です。
入ってみましたが、ひとりで行くと結構面白怖いものですね。

こういうレトロチックな場所、大谷久先生が好きそうです。

どちらかというと小さな博物館なんですが、置いてあるものがものだけになかなか楽しめました。
他にも東伊豆には猫の博物館とかテディベアミュージアム、オートマータ博物館なんかがあって、時間と車さえ在ればいろいろと楽しめそうです。


さて明日からですが、最初は南伊豆の断崖絶壁を見に行こうと思ったんですが急遽予定変更。

天城越えやります。

観光目的では全くない(そもそもこのブログが観光目的ではないからいいんだけど)、純粋に肉体をいじめるだけであろうルートになるはずです。

それでは今日はこのへんで。


このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://twelvewinteregg.blog.fc2.com/tb.php/25-95ed383b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

本岡冬成

Author:本岡冬成
ライトノベルを書いたり、ゲームシナリオのお手伝いをしています。


小学館ガガガ文庫より

『黄昏世界の絶対逃走』1~2巻
『あそびの時間』1巻

を発売中。

お仕事のご連絡・ご相談等がありましたら下記メールアドレスにご連絡お願いします。

nejimakiotoko☆gmail.com
(お手数ですが、☆を@に換えていただきますようお願いします)

ツイッター

本岡冬成Twitter

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。