FC2ブログ

12の冬の卵

ライトノベル作家・本岡冬成のブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風属性は持ってない

皆さんこんにちは。
風邪かと思ったらただくしゃみが多かっただけみたいの本岡冬成です。
もしかしたら本当は風邪だったのかもしれませんが、自転車走らせて汗かきまくってたらなんともなくなりました。
考えてみれば大阪を旅立って約1ヶ月。
一度の病気も怪我もなく無事に過ごせているのは頑丈な体に産んでくれたお母さんと幸運のおかげなのでしょう。

IMG_0628[1]
これは浜岡原発の隣にある新エネルギーホール。
主に風力発電の様々なアトラクションが楽しめます。
クイズゲームに答えて写真付きポストカード(無料)がもらえたりなんかして、僕もちゃっかりもらいました。
そう、この地域では原子力発電以外でも風力発電が盛んに行われています。

IMG_0638[1]
これは火力発電のタービン。

IMG_0645[1]
浜岡原発三号機の実物大模型。
見あげるほどの大きさがあります。

IMG_0651[1]
IMG_0655[1]
IMG_0652[1]
その他にも燃料棒や制御棒、燃料集合体の実物模型も。
燃料棒や制御棒って原発関連でよく耳にしますが、実物ってこんな形をしているんですね。

福島では原発に近づくことはほとんどできなかったですが、思いがけず浜岡原発で原発について学ぶことができました。
もっとも、保安や機密上の理由から本物の原発を撮影したりは禁止されていました。

IMG_0657[1]
馬!
道路の隣(しかも交通量は結構ある)、歩道を挟んですぐのところに放牧されていました。
乗馬もできるようです。
それはさておき……

IMG_0659[1]
IMG_0660[1]
先ほどもちらりと話しましたが、風力発電の盛んなところです。
そうだよなー、そりゃ風が強いところに作らなきゃ発電できないよなー……

だからってさぁ、焼津から浜松までの60数キロ(実際に走った距離はおそらく70キロを越えてるはず)のあいだ、延々と強風が吹き続けていなくてもよくね?

昨日も強風で困っていましたが、今日はそれにも増して悩まされ続けました。
というか、一日中悩まされました。

今日の走行がどんなものだったかというと、常に自転車の右手側のブレーキをかけ続けながらこいでいるようなものです。
緩やかな程度の下り坂なら途中で自転車が止まります。
そういうレベルです。
風だけならまだしも、そこに自転車を走らせることによって生じる空気抵抗が加わると、何もない平坦な道ですら常に坂道です。

先日の天城越えを難解なトリックと切れ味鋭い解答編で魅せてくれる秀逸なミステリー小説だとするなら、今日の焼津~浜松間の走行はどうでもいい自分語りをだらだらと続けてページを稼ぎまくる出来の悪い純文学小説です。
天城越えにはキツい登り坂を登り終えた後には長い下り坂という最高のカタルシスが待っていましたが、今日の強風の中の走行はカタルシスなんて一切ありません。常に風が吹き続けてそれで終わりです。
そういう意味では天城越えよりも今日の走行のほうがキツかったですね。
60数キロを走行するのに丸一日費やしているので、これがもし風のない道だったらその二倍(福井のときには同じような道で140キロ走っている)は行けたことをふまえると、相当のロス担っていることは間違いありません。

途中の浜岡原発や立ち寄った温泉では結構楽しく過ごせたんですが……まあ、晴れていたことだけは救いだったでしょうか。
みなさんも自転車に乗るときは風力発電設備に気をつけてみるといいかもしれません。

IMG_0666[1]
黄昏に尾を引く飛行機雲。


それでは今日はこのへんで。
明日は友達の住んでいる愛知県安城市まで足を伸ばしたいと思います。


このブログを見てくださったあなたに誰かの祝福があらんことを。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://twelvewinteregg.blog.fc2.com/tb.php/28-317cc761

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

本岡冬成

Author:本岡冬成
ライトノベルを書いたり、ゲームシナリオのお手伝いをしています。


小学館ガガガ文庫より

『黄昏世界の絶対逃走』1~2巻
『あそびの時間』1巻

を発売中。

お仕事のご連絡・ご相談等がありましたら下記メールアドレスにご連絡お願いします。

nejimakiotoko☆gmail.com
(お手数ですが、☆を@に換えていただきますようお願いします)

ツイッター

本岡冬成Twitter

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。